読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々是Is'+ (アイズプラス)

Is'+の視点による人事、キャリア、その他もろもろについての徒然 ver.1

9/25 「もてあまし抱え込み系女子」が「なでしこリーダー」に変わる日

 

「もてあまし抱え込み系女子」が「なでしこリーダー」に変わる日』とし、リ・カレンント㈱と協働プロデュースしている女性リーダー向けリーダーシップ研修を中心にご紹介するセミナーを開催させていただきました。 当日は、満席を超えるお申込みをいただき、爆弾低気圧が東京に近づく影響で大雨の中、主に企業の人事、ダイバーシティをご担当される皆様にお集りいただきました(皆様、ありがとうございました!)。  組織的視点の高低、そして自己肯定力の高低から30歳台女性を2軸、4分野に分類します。両方の評価が高いところに位置するのが「私ならできる、やってみよう!」という挑戦への気持ちと行動があり、かつ自分だけでなく、組織視点で周囲を巻き込みながら貢献する「なでしこリーダー」としています。 その他、能力はありながら、組織視点と協働視点が不足してしまいがちな「もてあまし抱え込み系女子」など、それぞれの分野に存在する女性のタイプについての特徴的な行動と「なでしこリーダー」への施策やマネジメントのヒントなどをまとめた内容をお知らせし、各ご担当の皆さんの経験や 各社事例などを含めてディスカッションする時間をとりました。

非常に興味深かったのは、女性活用プログラムのご担当の皆さんの「これまでにない人事分野の戦略立案」に非常に苦労されている現状です。前例や他社事例がまだ豊富でない中、各社では女性をターゲットとした人事施策の必要性をやって感じています。しかしながら、当の女性達の意識や社内の風土はまだまだ変化を創りだすどころか、変化を受け入れる準備ができていないと感じていらっしゃるようです。

当日は、これらの課題を明確にするために、ご参加され皆様に、「(主観でOKだが)、現状、御社では「なでしこリーダー」は女性社員の何%くらいいらっしゃるか?」の質問し、その数値から2020年に目指す%を明確にしていただきました。私たちがやることは、このめざす%に向けた具体的な施策の企画や提案です。セッションが終了してから、 数名のご参加者にメールをいただきました。「数値が具体的になり、さっそく上司と部内とシェアし、具体的な企画に役立てています」と。実際には2日間をかけ、EQ(感情知性)やスキル構築などもコンテンツに含むことが多いものを、当日は4時間にまとめた駆け足のセッション。各社の今後の動きに一つのヒント、モデルになっていれば嬉しい限りです。お蔭さまで大変人気のセッションになっています。

この日の報告レポートがWish(株)出されています。
ぜひ、ご参考ください⇒ 

WisH活動ブログ - 【セミナーレポート】「もてあまし抱え込み系女子」が「なでしこリーダー」に変わる日|WisH株式会社

■今回のイベント開催のご縁に感謝して、品川神社品川区)を訪れました。
最近は外国人の参拝者も増えていますね。

f:id:isplus1:20150923174438j:plain