読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々是Is'+ (アイズプラス)

Is'+の視点による人事、キャリア、その他もろもろについての徒然 ver.1

4/20 日経ビジネススクール「周囲を巻き込む!」女性リーダー向けセミナーにご参加の皆さまへ!

4/20 日経ビジネススクールで

女性リーダーのための「周囲を巻き込む」コミュニケーションスキル<30名限定> : 日経ビジネススクール が開催されました。

 

当日は、東京からも遠方からも(なんと今回は海外在住の方も!)ご参加があり、本当にあっと言う間の4時間でした。
アッという間ですが、リーダーの皆さんの活発なご参加により内容の濃いセッションとなりました。アンケートの結果(抜粋)では

・内容が盛りだくさん(過ぎる)だった。
・EQが自分の開発に役立つことが分かった
・明日からの開発を意識していきたい  …などのポジティブな評価をいただきました。皆さま、ありがとうございました。

当日お約束した EQI24素養の解説はこちらでです
→ 【アイズプラス EQ 24素養イラスト解説 201704】

  •  24の素養について、スコアが高い場合(だいたい50以上)と低い場合(だいたい50以下)の解説、そしてそれぞれの開発ヒントが掲載されています 
  •  スコアの高低よりも、研修の中でも把握されたご自身の行動特性の強みと課題(弱み)に着目して開発を進めて下さい
  •  EQのワークは目的をもって進められるとより効果てきです。自分がどんな姿に、どんな言動をする人になりたいかをできるだけ想い描くようにしてください

また、帰り際に「ピアコーチのお仕事」をきちんとお伝えしておらず、失礼しました! セミナーから1ケ月後の5/20頃、ピアとなった方々同士で「開発いかがですか?」とぜひお声がけくださいね。
その際、「One Iketeru a Day! やってる?」もお忘れなく! お願いいたします。

今回ご参加の皆さまのチームとしての特徴、覚えていますか? 

皆さんを一つのリーダーチームとして分析すると、

自分から意見を発信することが多く自身の仕事や役割遂行に自主的かつ自信をもって取り組むリーダーの皆さんです。一方、周囲の事に気をかけてはいるもののメンバー一人ひとりに向き合う余裕がなく、時にメンバーや近しい人へとのコミュニケーション不足による誤解がでてしまうこともあるかもしれません。

ですが、ここからは皆さんへのアドバイス、ぜひ参考にしてください。

  • まずはご自身の「ご機嫌な時間」を増やす 
     「何が自分を心身ともに元気にするか」を思い出してください
  • 「プラス1」の人間関係にフォーカスする
     ご自身、そしてご自身とプラス1の人間関係の方(家族やチームメンバー、上司等)との関係作りを見直して丁寧に取り組んでみてください 
  • そして、One Iketeru a Day! 
     1日1回、「誰か」を認めたり関心を寄せるだけでなく、ご自身にむけても言動を振り返ったり自分の気持ちに関心を寄せて下さい

 

非常に盛りだくさんでスピード感のある4時間セッションとなりましたが、皆さんのご協力のお陰で素晴らしい学びの時間となりました。皆さまからいただきましたご意見やご要望は、次回の機会に必ずいかしてまいります。あらためまして、ご参加いただいた皆様、サポートくださった事務局の皆さまに感謝いたします。

この日にご質問いただいていた質問とトレーナーからの回答等については、後日こちらのブログ、またはEQトレーナーズブログ等で紹介します!

こちらの研修は、すでに次回 8月開催を予定しております。今回日程が合わずに参加できなかった皆さまにも、ぜひ次回の機会にお目にかかれますことを楽しみにしております。

 同行した樋口トレーナーがブログを書きましたので合わせて紹介します

→ EQトレーナーズブログ

 

・・・・・


今回ご紹介させていただきましたEQI素養解説のイラストは、
某企業で人事を担当されている方が描いて下さったんですよ~! 

f:id:isplus1:20170420123108j:plain