日々是Is'+ (アイズプラス)

Is'+の視点による人事、キャリア、その他もろもろについての徒然 ver.1

感情を予約する ~第二ステップ(相手に向けて)~

今日は「感情予約」に第二ステップ(相手に向けて)です。
第一ステップの(自分に向けて)はこちら
⇒ 

 

isplus1.hatenablog.com

 


自分がどんな気持ちで過ごすかを
ゆるく予約できようになったら、
次は、(相手・周囲に向けて)
一緒に過ごす方々にどんな気持ちになってほしいか
を軸に「感情を予約」します。

自分はどうありたいかを影響させて、
目的である
「どんな感情(気持ち)をもってほしいか」です。

前回の例で示すと(⇒が相手に向けたもの)、

・お、今日は管理職の皆さんに対して講演の機会だ!
 穏やかに、落ち着いて、明るい表情でいよう。
⇒ 来る皆さんに、前向きな気持ちになってほしい。

・今日の会議は結構モメそうかも、、、。
 短期的でなく長期的な目的達成を想い浮かべて穏やかな
 笑顔で話ができるようにしよう。
⇒ メンバーがそれぞれ悔いない会議参加ができて
 「しっかり議論ができた」「次につなげよう」と感じて
  帰ってほしい。

・今日は苦手な取引先担当者とのミーティングあり。
 相手に人として興味をもち、私の方から明るいパワーを
 出していこう。
⇒ 相手の方の役に立てるよう全力で聴き、また池照さんと
 話がしたいと思ってもらいたい。

等です。

それぞれのイベントが終了した際に、どんな気持ちになって
欲しいか、どんな気持ちを持って欲しいかだけを考え、
終了時の相手や参加者の表情や感想なども想像(妄想)します。
どんなエネルギーレベルをもって相手と接し、
どんな表情、気持ち、言葉で相手と接するのか、
どんな風に今日という一日を一緒に過ごす人達と過ごしたいのか、
私はできれば後悔したくありません。

ここでも、
何を言うか、
何を伝えるかといった「ToDo」よりも
どんな表情になって欲しいかの「ToBe」
に焦点をあてます。

毎朝、
今日ご一緒する方の笑顔を先に思い浮かべている訳ですから、
相当ニヤニヤして出かけています。

それでも、
予約通りにいかないことだってある。
それは私の準備不足だったり、相手との期待値や思惑がずれて
いたり、そもそも相手が最初から臨戦態勢だったり!
いろんなことがずれていくものです。

ですが、「感情の予約」をするにようになってから
生じた「ずれ」は自分の責任と思えるようになっています。
予約の立て方が甘かったから?もしくは期待しすぎたから?
もしくは私の予約が最初から一人よがりすぎるのかもしれません。

いずれにしろ、思ってたのと異なる出来事を周囲のせいにする
よりも、あくまで「自分がたてた予約」にそぐわない場合は
何かしら原因や次への布石があるり、それが次の予約に
いかせると前向きに考えます。

「感情の予約」を始めて数年たちますが、
私自身は毎朝こうして自分の感情と向き合い、自分の中で
イメージ化・言語化することで、日中の集中力や対応力が
飛躍的に高まっています。


実はこの習慣、
ちょっと流行でもあるマインドフルネスや瞑想を自分に
取り入れる中で生まれたものです。
「いまここ」に集中して「無」を味わいたいのですが、
どうしても頭の中にその日に会う(会える)
人の顔が思い浮かんでしまう悪い癖があり、、、
そんな癖をちょっと形を変えたものなんですが、ね。
私には「感情の予約」が合っているようです。

さて、今朝も
感情予約から始まりました。
クライアント企業の役員の皆様と人事評価についての
会議です。役員面々のちょっと強面な(失礼!)
表情を、可能性を見いだして笑顔がこぼれるような
会議にする!と心に決めて臨みます。

まだまだ、修行が続きます・・・感謝



f:id:isplus1:20171220114514j:plain

新幹線が出発する直前に、サポートスタッフのYさんが渡してくださったお弁当「大阪の研修、ちゃんと食べて楽しんでくださいー!」の笑顔に背中を押されました!まさに、相手にどんな気持ちになってほしいかを考えた言葉と行動に、心があったかく&やる気がムクムクと湧き出ました☀