日々是Is'+ (アイズプラス)

Is'+の視点による人事、キャリア、その他もろもろについての徒然 ver.1

ICの仕事術 【自宅仕事の4つのコツ】

f:id:isplus1:20190109161321j:plain

アイズプラスチームミーティングの一場面



IC(インディペンデントコントラクター)の働き方として代表的なのが自宅を仕事場にすることです。私も起業した最初のころは自宅をベースに仕事をしていました。

2018年時点、日本でいわゆるフリーランスで働く人の数は1,119万人(全労働人口の35%)で、3年間で22%以上の伸びを見せています。フリーランスの約80%は自宅をベースに働いていると言われ、その意味でも「家で仕事をしている」人の数はここ数年で飛躍的に増えていると言えます。在宅勤務、リモートワーク、テレワーク、モバイルワーク、ワークアットホームと言い方は様々あれど、この働き方はすでに日本で働き方を語る際に代表的なものの一つと言わざるをえません。

・通勤時間がなくなる分が有効に使える
・自分の仕事に集中できる
・何より、組織(のわずらわしさ)から開放される!
といいことづくめのように言われたものですが、実際にICやフリーランスになって”そこまで薔薇色な働き方でもない”と感じる方も多いようです。事実、私の知る数名の方はこの働き方にどうしても慣れずにICから企業人に働き方変更した方もいらっしゃいますし。 

今日は、この13年間のIC経験から”自宅仕事で成果を出す4つのマネジメント”をお伝えします。ぶっちゃけ、自宅仕事(リモートワーク)はこの4つをマネジメント(目標を設定してありたい姿に具体的ステップでもちこむ)することでとても上手くいきます。 

1. 場のマネジメント
2. 時間のマネジメント
3. 業務のマネジメント
4. 自分のマネジメント

1.場のマネジメント
アメリカのドラマにでるような広大な家に住んでいない限り、または自宅で仕事をすることを前提にしているフリーランスでもない限り、「仕事のためだけ」に部屋をもつことはなかなか難しいものです。多くの方は、仕事場というより、仕事のスペースということでパソコンの場所が仕事の定位置となっているのではないでしょうか。隣では家族が食べたおやつのお皿がそのまま置いてあり、子どもがやりかけている漢字練習帳が開いたままなんてこともあるでしょう(私はそうだった)。 

自宅仕事をする時間の長さにもよりますが、仕事に集中できるスペースをできる限り確保しましょう。理想的には部屋、でなければデスク一つ分、もしくはパソコン+αのエリアをプライベートな空間と分けておけるようにするのです。これにより、家の電話や家族が見ているTVを言い訳にしない集中の場をえることができますから。

「こっからは私のお城よ」自分の城の境界線は自分でひかなきゃわからない、ですから。

2.時間のマネジメント 
自宅仕事をしようと思う人の多くが目指すのは、時間を効率的に使うことでしょう。スマホの画面すら見にくい満員電車での往復通勤時間や何日に何度も遭遇する退職する人のうわさ話の時間、こんな時間がなくなるだけでも私の仕事生産性は2倍にはなるんじゃないか!とは皆が想うことらしい。

”あなたに時間がどれだけあるかというのは問題ではない。むしろ、時間をどう使うかが問題なのだ”とは、米国の能力開発の権威、ケイリー・グリーソンの言葉です。どの時間にどのくらい自分が集中し、この時間内に内を達成するのか、どの時間に何をするのかをマネジメントすること。私は、自宅仕事こそ”時間当たりの生産性=時給の質を上げること”にストイックになる必要があると考えています。仕事の時間、インプット&アウトプット、そして家族との時間と休む時間、これらを”自分で”マネジメントする力が必要なのが自宅仕事なのです。私は子どもが学校で配られる時間割をなぞらえて、自分で時間割を創るようにしています。子どもの時間割に見る学習(大人としては仕事)時間に体育の時間(運動)や給食時間(食事会食)、そして休む時間も含めて、大人には自分の時間割をクリエイトすることが必要になってくるものです。

パジャマでも仕事はできる。だからこそ意図をもつ時間の使い方が自宅仕事を強くする。

3.業務のマネジメント
人と関わるのが煩わしてくて、人に仕事をじゃまされたくなくて自宅仕事をしたいという話もよく聞く話です。でも考えてみましょう。私たちがする仕事はチームで、組織でする仕事なんです、だからあえての「自宅仕事」に意味がでるんですね。もとより業務委託などで一人で山にこもってでもできる仕事なら、あえて「自宅仕事」を選択することはないでしょう。チームで仕事をする以上、自宅だからといって引きこもらず、自らの仕事を「見える化」することが周囲にも、そして自分自身にも安心感を与えます。報告、連絡、相談、新入社員の頃に教わったこの3つは、実は、新入社員はよりもこの「自宅仕事」の極意なんです。

人は視覚からの情報を得ることが一番多く、そして視覚からの情報を一番信頼してしまうことはデータが示しています。この一番信頼する見える関係から物理的になくなる「自宅仕事」を選択するなら、それを補うような「見せる化」が必要になってくるのです。いつでもTV会議などでミーティングができるようにしておくのも一緒に働くメンバーに安心感を与える「見える化」のひとつですね。

弊社アイズプラスは関わるメンバー全員がリモート(自宅)ワークです。その中で私が気を付けていることの一つがプロジェクト進捗や目的などの数値で見えることはもちろん必要ですが、私がよりこだわるのは数値で見えない定性的な部分の「見える化」「見せる化」です。何を感じ、想っているか、そんな部分が見えるようになることは、物理的な距離よりも心が近くなったりするものです。

業務の進捗や工程管理だけでなく、あなたが何を感じ、何を不安とし、何を喜びとしているのか、そんな「心の状態」も見えるx見せるかすることが「うまーくいく自宅仕事」のキーポイント。

4.自分のマネジメント

一日中パジャマのままでいても仕事ができるもの自宅仕事です。そう、誰の目にもふれなくても仕事ができるのが利点でもあります。 

よく女性から言われるのは「メイクしなくても、髪の毛セットしなくてもいいんですよね」ですが、本当にそうしたのはこの10年以上の間で2日程度です(でも、してる、、、)。たまにしか自宅仕事をしない人ならもちろんそれでよいでしょう、ですが、誰かとチームになり日常的に自宅仕事を続けたいという人なら「仕事に向かう自分」をセルフマネジメントすることが継続の肝だと考えています。朝同じ時間に起きる、身支度をする、場を整える、仕事へのモードを入れる、これ、とっても大事なスイッチです。私の場合は、「仕事はじめまーす!」と元気よく声を出す事にしています。人間は声を出すことによって自分に暗示をかけられるといいます。そして、サポートが必要な時、誰かの知恵を借りるときも同じです。自分の得意・不得意、好き・嫌い、モチベーションの有無、コミュニケーションスタイル、などなど自分を知り、自分のキャパをしり、どんな時にサポートが必要かも発するのは自分です。そのためには、定期的な客観的視点での質問の時間「どうよ最近?」の自問自答も必要ですね。

快適な自宅仕事を継続するためには、「自分」に興味をもって常に問うこと。スイッチ入れるxスイッチ消すはご自身で!


なんてブログを自分に向けて書いていたら、こんな記事をみつけました。書いていることはかぶっている部分もありますね。自宅仕事の悩みも課題も、万国共通な部分が多いようです。

ICの仕事術、今後もご要望に応えられる部分をできるだけブログにしていきます♬ 

写真はアイズプラスのチームミーティングの様子です。今回のチームは5名の4名のファシリテーターとプロジェクトコーディネーターのチーム、全員がリモート(自宅)ワークです。1時間での会議を終え、今月からスタートする某メーカー企業の全国イベントをリードします。今年も、楽しみな仕事が満載です!

hbr.org

【EQx子育て】一人で子育てしないこと 

息子を授かった時に決めたことが
いくつかあります。そのうちの一つが、
「私と主人だけで子育てしないこと」です。
数年にわたる不妊治療の末に授かった子どもでもあり、
いったんは「子育てに集中したい」と妊娠時の課長職を
辞めてもいましたが、生まれる前から「どうやって
私達以外の大人にかかわってもらえるのか」
「どうしたらどれだけ多くの様々な大人と
会える機会を増やせるのか」を意識的に
考えていました。 

「子どもは家庭だけで育つのではなく、
社会が育てるもの」

これは私自身の体験からかもしれません。
家庭環境や親からの影響はもちろん大きいもので、
安心してご飯が食べられる、寝ることができる、
わがままが言える場があることは大切なことです。
ですが、子どもが自分の意思をもち、気持ちを
言えるのようになり、自ら選択して行動ができる
ようになったら、私の価値観だけで子育てをするのは
危険な気がしていたからです。


EQ的リーダーシップ視点で言えば、
自分が選択する行動のメリットどデメリットを
考え、行動を選択するという決断する
「結果を見据えた思考」です。


当時まだあまり普及していなかった
ベビーシッターサービス、保育ママサービスなど
できる限りほとんどのサービスを試し、
自分なりに検証を加えていったりしました。
シッターさんには勉強を見守っていただくよりも、
一緒に買い物に行く、料理をつくる、洗濯物をたたむ、
掃除をするなど普段私ができないことを
一緒にやりながら彼と時間を過ごし、おしゃべりを
しててもらったりです。
その先に見ていたのは、どの場に行っても彼が
その場の人間関係を自分で創れるかということへの
挑戦です。 

本当にたくさんの子育て支援者、そして
週末にはスポーツを通して大人の方々に
関わっていただき、息子は私にはできない(しない)
話も周囲の大人や先輩方にさせていただいていました。
ここ数年は競技人口が少ないウィンドサーフィン
という世界に身を置き、お陰様でたくさんの大人の方々
に関わっていただいて活動を続けています。

彼は今18歳ですが、比較的
自ら置かれた場で人間関係を構築できるようになって
いるようです。これからは、この人間関係を
「置かれた場」から、「自らが創る場」に移す
のが次なる挑戦でしょう。

EQは感情のことだけでなく、
感情をベースに未来にありたい姿をイメージして
足元の行動を起こす力も含まれます。
自らの内発的な動機(なぜやりたいと思っているか)、
そこにどんなオプションがあるか(どんなやり方があるか)
を見極め、決断を下すことにつながっているのです。

ところで、
最近つくづく感じるのは「子育ては己育て」です。
子どもを育ていることは、そのまま、いえそれ以上に
私自身が育てられていると実感しています。

子どもは社会が育てるもの、それそのまま
”己は社会が育てるもの” ですね。

という訳で、今日も息子を含む多くの方との関わりが、
私という「己」を育ててくださっています。
まだまだ伸び盛り・・・!を信じ、今日もがんばります!

📷天気のよかった週末は、近所の材木座海岸までウォーキング
してきました。朝の澄んだ空気の中、富士山が綺麗でした🗻

f:id:isplus1:20181125090749j:plain



【EQx子育て】ToDoからToBe声かけに

 毎年担当しているクライアント企業での
「復職セミナー」これは、主に育児休業*を取得
した社員が職場復帰するタイミングで参加する
セミナーです。

通常、このようなセミナーでは 
職場復帰するための制度説明を人事部が実施し、
私が担当するのは復帰にあたり、これからの
育児と仕事を進めるにあたっての
スタンス(マインドセット)と
スキル(人に依頼する、時短スキル、
プロジェクトマネジメントなど)を学ぶこと
が一般的でした。

ですが、今年は少し依頼が違いました。
「感情知性(EQ)を子育てにどういかしたかを聴きたい」
という依頼だったのです。しかも常駐スタイルで
担当しているクライアント2社からです。
今年、私の息子が現役高校生で
ウィンドサーフィンのプロとしてデビューしました。
まだまだ実績をつけるのはこれからという彼ですが、
彼は17歳という若さで自分の道を一つ決めたことは
確かです。2社の事務局の方は偶然にもそれをご存知
で下さり、また両名ともに子育中のワーキングマザー
であったこともあり、ともにとても興味をもって
くださりました。
「どんな風に声をかけていたんですか?」という
ご質問に、今年は両社のセミナーには私なりにお伝え
できることをお伝えして参りました。

今日はそのうちの一部をご紹介します。

■「どんな大人になってほしいか?」から考える。

EQは「目的に沿って感情とマネジメントする力」です。
ということは、「目的」をもっていることが大切。
EQを子育てに役立てたいと思った時に一番最初に
描いたのは「どんな大人になってほしいか」という
イメージです。

”健やかな大人になり、自分らしい生き方と家族や
友人に囲まれいつも笑顔で幸せな人生を歩んでほしい。”

シンプルにこれだけです。
これはもちろん、旦那とも話をして自分なりに
ゆるく言語化しています。
私の場合、ここに学歴やどんな仕事をは含まれていません。
私にとって「幸せな人生」をつくる子ども時代とは、

・家族や友人と面白いことを語れる時間を創ること

・美味しいねと話ながら食事が取れること

・しっかりと寝て、しっかりと食べて、心身健康でいること

が一番です。特に子どもの時代は睡眠と食事をとること、
家が安心な場があることが一番と考えました。
学校から帰ってきてからの声かけられる時間は意外に
短いものです。私は最低でも週に2回は子供と食事を
することにしていますので、最低でも週2回がその機会
となります。

学校から帰ってきた時の声かけは
「帰ってきたことが嬉しい」を表す場にする
→ 私は「お帰り~!」と笑顔で嬉しさ表します。
自分の気持ちを表すってことですね。
 
会話は
「今日は何が楽しかった(何が笑えた)?」
「今日は何が美味しかった(お弁当の中で)?」

この2つを聴くようにしています。
この2つを聴いてから、「テストはどうだった?」
「塾のスケジュールはどうするの?」です。

つまり、 ToDo(やるべきこと)でなく
ToBe(どんなあなたでいたの?)を先に聴く です。

時間に追われる母親はどうしてもToDoリストを
何とかしたいと思うものです。
でも大切なことは、「何をこなしたか」ではなく、
「どんなあなたでいたか」のはず。
それならば、大切なことから聴きましょう!
これ聞くと、あとから聞いたテストの点が
悪かったとしても、「ま、笑顔あふれる
一日だったみたいだし、いっか」と、私は
想えるようになった。こっちが大切だからですね。


講演では事前にお伝えしましたが、
実は統計とってれば一番多かった
声かけは「早くしなさいっ!」でしょう。
早く何かをしてほしい、あれも終わらせたい、
あれもやらなきゃとしながらつい言葉がこれに
なってしまうのです。でもいいことがなかった。。。

まだまだ私も修行中。ついToDoからこなしたく
なったりします。その際にいつも一呼吸して想い
なおす「どんな大人になってほしいか」ToBeです。

ToDoからToBeへ。
ここでも役立っている私なりの法則です。
この会話から、少なからず彼の
「自己肯定感」や「ありのままの自分を
受け入れられている感覚」は少しずつは
育っていったのではと希望的観測をしています。

彼は私よりも自分を信じる力があり、
以前よりも格段にそれを表現できるようになっています。

そして今日も、
「かーちゃんが作ったお弁当、
何が一番おいしかった?」
「あー、プチトマトかな」
「・・・ そう  美味しいよねープチトマト ^^;)」
という会話が食卓で笑顔(失笑)を
つくっています。

f:id:isplus1:20181021171126j:plain

週末はすばらしい景色に出会えました。材木座の海にくっきりと映る富士山 しばらく見惚れました。




 

あなたがここにいるのには意味がある 

まだ20歳台で米国の食品会社Marsにいたころ、
よく外国人の上司が参加するシニアマネージャーや
役員との会議に同行していました。
私はまだ若手も若手、「ついて来て」と言われれば
もちろんついて行きますが、
「コピーとったりお茶を出せばいいんだよな~」としか
考えておらず、軽い気持ちで同行していました。

「Kayo、あなたはどう思うの?」
会議終盤で急に問われた質問には最初面くらいました。
「いやいや私 下っ端だし、まだ経験ないし、、、」と。
ですが、彼女が続けたのは
「あなたにマネージャーレベル視点の意見は
求めてない、若手としてあなた自身が感じることを
述べなさい」と。

今思えば素晴らしい機会をいただいたものです。
すごい意見を述べられる訳ではありませんでしたが、
「意見なしに会議に出るべからず」を教わったのは
この時です。これは現在も私の鉄則の考えです。

そして、もし上司やリーダーの皆さんも共感されるなら、
これはまだまだ年長のリーダーから働きかけていくべきでしょう。
「あなたがここにいるのは意味があり、
あなたの視点がこの場に必要」と。

これはEQのワークでもよく紹介する組織の生産性を上げるための
心理的安全性の確保」にもつながります。
チームの中で、自分の存在と意見が尊重されることが、
一人ひとりが力を出すことにつながっていくからです。

グーグルが突きとめた!社員の「生産性」を高める唯一の方法はこうだ(小林 雅一) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

昨年からのワークショップ開催が先週36期を迎えた
日系メーカーの Diverisity x EQワークショップでも、
この心理的安全性をワークを通して紹介しています。

かつての私がそうだったように、上司やリーダーの意図的
な巻き込み(inclusion)が若手の意識と行動に影響を与えます。
私の場合は自分の意見をもってきちんと発していくまでに
かなり時間がかかりましたが、20歳台のあの経験がなければ
きっと今も理解が進まないままでしょう。

どんなチームを創りたいのか、
それは私たち自身が描くように創られていくことになります。 

・・・・・

今回の対人関係知性ワークコンテストの上位入賞者です!
おめでとうございます!ご参加協力、ありがとうございました!
(掲載はご許可済です)

f:id:isplus1:20181012180711j:plain





 

 

IC協会フォーラム 9/22【人生100年時代 「第三の働き方の行方」】

9/22 IC協会フォーラムで登壇して参りました。

f:id:isplus1:20180927224834j:plain



【9月22日東京開催】人生100年時代 「第三の働き方の行方」 Independent Contractors Forum 2018 | 特定非営利活動法人インディペンデント・コントラクター協会

 

当日は雨降りでのスタートにも関わらず、120名もの方々にお越しいただき、会場は熱気にあふれていました。実はIC協会設立から15周年を迎えた節目の今年は、いつもとはちょっと違うフォーラムでした。


基調講演は創立メンバーの 秋山進氏を中心に、(株)日本総研の山田久氏、そしてリクルートワークスの中村天江氏がモデレーターという贅沢企画!この15年の働き方、雇用環境、そして学び方の変化についてテンポよく進む話に時間はあっという間でした!

中村さんが紹介してくださった会社員とフリーランス(IC)がそれぞれ「現在の働き方を継続する上で重要だと思うもの」(フリーランス協会 フリーランス白書2018より)の比較が興味深ったので紹介します。様々なアイテムのうち、ほぼ全ての項目でフリーランス(IC)が上回るのですが一つだけ会社員の方が上回るものがありました、、、「忍耐力」です。やっぱり忍耐なんですかね。。。

資料→ 「忍耐力」という会社員のスキルの是非 by中村天江氏 

http://www.works-i.com/column/works03/nakamura04/



後半はIC協会から私を含め4名が登壇させていただきました。私がICという仕事に巡り合って13年目、今回はICという働き方を継続する上で私自身が一番キーと感じている「巻き込み」についてお伝えしました。

【周囲を巻きこむICという働き方x生き方選択】
■私にとっては、「子育て」x「仕事」の両立を目指して選択した働き方でしたが、13年目を迎えた今、この働き方を選択したお陰で会社員の時には直面しなかった様々なチャレンジに恵まれました。ICであったお陰で、まず一人で考え、捉え方を見直し、自らの立ち位置を変化させていくことが結果的に「継続した自律x成長」につながったかと。

■私は開業以来「売上」を目標にしたことはなく、「成長」を目標に事業に挑戦してきました。「成長」を目標に置くには、やはり私一人のICという力では限界があります。そこで、巻き込みです。
 ICxIC
 ICx企業
 ICx専門家
と「こうなりたい」「こんな世界をつくる」と決めたらどうやって、誰と組むか、可能性は無限大です。しかも承認を求める上司がいないICの強みは「その場で決断できること」。話したその場でコトが決まり、話したその場からコトがスタートする、そんなスピード感も最大の強みです。

■この「巻き込み」をするには、どんなポイントが必要か、、、というお話もさせてもらいました。
 ・目的&価値共有すること
 ・失敗も織り込み済みで挑戦すること
 ・EQを発揮して関係を構築すること

お陰様で講演としてはご好評をいただいたようです。終了後にもいくつかメールを頂戴し、お褒めと激励をいただきました!ありがたい限り。 

 

そして今回、とても勇気づけられたのが参加者に「高校生」がいらしてたこと!私の講演後すぐに質問に来てくださったのはなんと16歳の彼、将来起業を予定し、EQにも興味があると力強い視線で話をしてくれました。ICという働き方を知り、興味をもって下さったそうです。高校生がICという働き方に興味をもつ時代、彼らと協働できる日もそう遠くはない気がします。なんだかわくわくと同時に、ますます画一的な教育よりも、それぞれの興味や関心に向けた機会提供が求められる社会になっていると確信です。それにしても、頼もしい♪

ご参加、ご協力いただきました皆さまにあらためて御礼申し上げます。ありがとうございましたー(^^) 

IC協会のサイトでも、当日のアンケート結果とともにレポートが出ています。こちらもぜひご参照下さい⇒ 

ICとして楽しく・ワクワク生き残るヒントを共有〜ICフォーラムレポート | 特定非営利活動法人インディペンデント・コントラクター協会

 

f:id:isplus1:20180927224841j:plain

受付業務を担当したIC協会の美女チームです

f:id:isplus1:20180922174631j:plain

懇親会での齊藤前代表理事のお茶目な表情






鏡を見る 【1分EQ 自分を知る 心内知性を鍛える】

【1分EQ 自分を知る 心内知性を鍛える】

商社にお勤めの女性はEQを学んで実践
していることの一つが
「トイレで自分の顔を鏡で見る」です。

「それまではトイレ入ってもちろん手は洗いますが、
ジブンの顔をちゃんと顔をみることってしなかった。
化粧直しはするのに、自分の表情を確認してなかった。
「ジブンを知る」ってことに意識がなかったです」と。

EQワークを通して
実際に鏡をみるようになってからは、
鏡を見る→(もちろん、化粧直しはする)
→自分の気持ちや状態を知る
 (あー、嫌なことあったなーor いい感じだー など)

この間、わずか1秒。

先日1年ぶりにお会いした彼女は、
この「鏡を見る」習慣を皆の前で披露して
下さいました。

「鏡をみるようになってから、
ジブンのことを意識して大切にしている
感覚がある。前よりもイライラする時間は
確実に減っている」とのことです。

ジブンに意識を向ける機会は日常に多々あります。
働いている女性がトイレにいく回数は
「3~5回」が48%で一番多いそうです→

女性が職場のトイレへ1日に何回行くか判明! 約3割が「●回」|「マイナビウーマン」


なんと寝てる人もるようですが、、、仮眠室とか
もっと設置が進んでもいいかもしれませんね(苦笑)
とはいえ、一日3~5回、自分を見つめなおすには
ちょうどよい頻度と時間 ですね。

f:id:isplus1:20180904170148j:plain

EQセミナーの最終スライドです。覚悟を決めた感じのポーズがお気に入りです。




 






SUPって簡単そうに見える

SUPってご存知ですか?
Stand Up Pulldeboard →海で見かけるサーフィンボードのような板の上に乗ってパドルをもって海上散歩や波にのって楽しむマリンスポーツです。最近では、このボードの上でヨガをやる方もいらっしゃいます。

息子がハワイで乗った時の写真です(イメージとして)↓

f:id:isplus1:20160815142914j:plain

 

うちの主人と息子は、地元の鎌倉でこのSUPのインストラクターを時々させてもらっています。今日SUPから帰ってきた主人が面白いことを言ってました。

「ママのやっているIC(インディペンデントコントラクター)って働き方はSUPに似てる」と。


基本一人でボードに乗って(専門性)、パドルという道具で方向を決めて自分でこぐ(方向性)、外から見ると簡単そうに見えるけど実は海のうねり、潮の流れ、海底の様子、波、そして風の影響も受けるので見た目よりも乗りこなすのは結構難しい(外的な環境の変化)、頼りになるのは鍛え続ける自分の体幹の強さだけ。 

なんか、そんなメタファーをされて、面白いやら「上手い!」と思わず膝を打つやら!

いつも陸からしか見ない街並みも、SUPで海側から見るとちょっと違った景色に見えたりします。だからこそ、「ありたい街並み」を実現するための提案や、外からみた姿を表現することが、私たちIC的な仕事からはできるのかもしれません。

海は荒波ばかりじゃなく、とっても穏やかな日がもある。太陽が温かくて心地いい日もあれば、刺すような痛さの時もあります。風が気持ちいと思える日は意外とすくなくて、風であおられて海に落とされることも多い。でも、ゆったり乗れた時の気持ちよさと海からの絶景は、本当に美しい。

実はあまり地元でSUPをやったことはないのですが、、、。
今度、またやってみようかな、なんて思えた夏の日でした。