日々是Is'+ (アイズプラス代表 池照ブログ)

Is'+の視点による人事、キャリア、その他もろもろについての徒然 ver.1

ロールモデルよりパーツモデル!

昨年に引き続き、
Woman In Agileカンファレンスにコミュニティ協賛として参加して参りました。
リアル参加は今年が初めてです。

www.wiajapan.org


■Woman in Aglileとは

主に企業でアジャイルを実践し普及を支援する「アジャイルリーダー」
のためのイベントで、Womenと冠していますが女性限定の活動ではありません。
多様性を尊重できる安全で健全な職場作りを自分たちの手で作るため、
実践的なノウハウや、実績、知見、温めているアイデアを共有しようという
取り組みです。

当日は、関東に8センチの雪が積もった大雪の翌日⛄
交通機関の乱れもあり、残念ながら伊藤先生の基調講演には参加叶わず、、、
午後から会場参加となりました!

午後はオープンスペーステクノロジー(OST)の形式*をベースに
参加者自身でトピックを提案し議論していくセッションです。
私は一番近くの席のテーブルにお邪魔しました。 
 *オープンスペーステクノロジー(OST)の手順・原則は?効果もわかりやすく解説 – 株式会社クエスチョンサークル|“問い”には 力がある! 

 

■子育ても仕事も楽しみたい!

テーブルのテーマは「子育ても仕事も楽しみたい!」という
Web会社にお勤めのワーキングマザーからの提言でした。
様々な提起があった中でもよく聞かれた言葉が
ロールモデルがいない」というもの。そもそも女性社員が極端に少なく、
目指せる人がいない。これはDiversity&Inclusion施策をすすめる他社や
他業界でもよく聞かれる言葉です。

子育ても仕事も楽しみたい!というのは、まさに私自身もずっと
考えて行動してきたこと、少し先輩にあたる私から「パーツモデル」を
紹介させてもらいました。

私自身も子育てしながら仕事を続けてきたなか、
自分にとって「モデル」となる方がたくさんいらっしゃいました!
ですが、全人格で唯一解のロールモデルではありません。 
それよりは、
「△△さんの意見をびしっと言えるところ、ステキだな」
「○○ちゃんのタイムマネジメントは真似してみたい」
「□□さんの聞く姿勢を学びたい」・・・など
お一人ひとりの「ステキなところ」が必ずあり、
そんなパーツを少しずつ取り入れながら、キャリアを継続してきました。
そんなパーツモデルの方々が、現在私のメンターであり、友人だったりしています。

一人ひとりが違う存在、唯一解のロールモデルはいませんし、必要ありません。
男女関係なく、こんなところは学びたいという強みを発揮している
「パーツモデル」をみつけ、強み(パーツ)を学び、自身に取り入れる
ことができます。

誰かがパーツモデルから学び、そして
誰もが自分のもつ強みを発揮して 誰かのパーツモデルなることができます。
男女関係なく、私たちはそんな循環をつくっていくことができます!

テーブルではその他にも、どうやって家族や周囲を巻き込むか、
家事サービスやシッターサービスの活用をどうやって家族と前向きに
捉えられるか、、、など様々な議論がありました。

このディスカッションが終わったあと、ご一緒した方々から声をかけられました。
「ものすごく開眼でした!今日は雪の中来てよかったです。
本当にありがとうございました!」と満面の笑顔が良かったです。
その笑顔は、私にとってマネしたい「パーツモデル」そのものです。

私が「子育ても仕事も楽しみたい!」とリアルタイムで思い、悪戦苦闘
していた時代から約20年、ワーキングペアレンツの悩み自体はあまり
変わっていないことが印象的でした。
もしかしたら、一人ひとりが感じるこのような身近な課題や
モヤモヤをこうして表明し解決に向けて行動することが、この国の少子化
生産性向上の糸口になるのでは?と本気で感じた時間でした。

会社を超え、組織を超え、このような議論の場をAgileに打ち出す
Woman in Agile には、これからもEQや人事の仕組みなどの協賛パートナー
として活動ご一緒する予定です!ますます楽しみです。

テーブルのディスカッションは話したことをどんどんポストイットにまとめていきます。
話ながらどんどん書けちゃうTさん、尊敬です!



 

ホスピタリティ元年 【How do you feel?#34】

10年ほど前にダイバーシティをテーマに講演の機会をいただきました。
場所がいつものような会議室でなく、なんと東京白金の格式高い八芳園の大会場、
ものすごく緊張して挨拶から声が震えそうな自分がいました。
緊張を押さえながら、とにかくその場を乗り切ろうと数百人の前で話し始めると、
ニコニコな笑顔で私の話を聴いてくださる方がいることに気づきました。
とにかく朗らかな笑顔で頷きながら話を聴いてくださるのです。その笑顔に
励まされ、助けられ、いつしかその方の笑顔のお陰で緊張が溶け、
伝えたかったことが、全て伝えられていたのです。緊張で顔が引きつって
いた私が、笑顔で講演を終えられたのですから自分でも驚きました。 

その後、ニコニコ紳士が私のところに来てくださったのです、
それが高野登さんでした。「とても興味深い視点でしたよ」と笑顔で
声をかけてくださいました。当時私がうけとった最高のホスピタリティでした。

■あなたを笑顔にする力=ホスピタリティ


今回、鎌倉FMラジオ【How do you feel?】に
ゲストとして高野さんにご参加いただきました。

高野さんが長年ホテル業界の現場で学び、
周囲の方々やお客様との関係づくりの中で培ってこられた
”ホスピタリティ”や”思いやり”についてお話をうかがっています。

いつでも・どこでも・だれにでも、
対価を伴って提供するサービスと、

いまだけ・ここだけ・あなただけ、
お金をかけず時間とエネルギーを注ぐホスピタリティ

どちらも大切なことですが、これらにはどんな違いがあるのか、
そしてなぜリッツカールトンはホスピタリティに着目しているのか。
高野さんがホスピタリティを伝え続ける原点は何か?
素敵なお話をテンポよくうかがっています♪
ただ一つ事実なのは、私が10年前に受け取ったのは、
泣きそうな表情で登壇者席にいる私を笑顔にし、
10年たっても鮮明に思い出せる最高のホスピタリティでしたから。

当時はホスピタリティという言葉の意味はあまり理解していません
でしたが、こんな風に目の前の人を笑顔に・元気にする人間に
近づきたい、そう素直に想ったものです。

■脳は騙せる?! 

放送では、「どうしたらホスピタリティに向けて自分を
整えられるか」もうかがいました。
お話下さったのは「陽転思考」という捉え方、
朝起きて、生きていること、光輝く太陽に感謝しながら
「今日も最高の1日になる、ありがとう!」と唱えること。
自分の脳がその方向に動くように自分の脳をだます=陽転させていく
というものでした。脳は癖付けができるもの、これは私自身も体感しています。

自分の周りにある小さな変化、小さな幸せ、小さな感謝に気づく、
今年はここから「ホスピタリティ元年」がスタートできそうです!

放送のアーカイブはこちらから↓ ぜひお聴きくださいませ

 

多数ある高野さんの著書から、
今回はその中から特におススメの3冊をご紹介します

 

 

 

 

陽転思考の通り、笑いっぱなしな収録でした!@鎌倉由比ガ浜スタジオ

 

期末課題発表が終わりました! 感情マネジメント授業から 

「母に初めて仕事を話をじっくり聞くことができて、
あらためて尊敬の気持ちをもてた」

「父はいつも朗らかだけど、仕事に対しては厳しい見方もあるんだと分かった」

「同い年で仕事をしている友達の話を聴いて、学びたいことがいっぱいだった」

「仕事で必要なことを聴いたら、この授業で学んだんことがいっぱい出てきた」

担当する山野美業芸術短期大学の後期授業が昨日無事に終了し、
最終授業では全員が課題発表からの気づきや感想を発表しました。
今月は、約170名の学生が期末課題として発表とレポート提出し、
必修科目である私の授業を無事に履修した・・・はずです。
まだ一部課題提出していない学生もおりますが、現在絶賛追い込み&応援中です 

■初めてのインタビュー&発表

1年生の後期の「感情マネジメント」の期末課題は、
「働く人(または働いたことがある人)に、この授業で学んだことを
ベースにインタビューを実施し、自分が感じ・学んだことを発表する」です。
昨年までは高校生だったという学生がほとんど、
結果、多くの学生にとっては「初めてのインタビュー」となります。 

最も多いインタビュー対象者は家族(父・母・兄姉)、続いてバイト先の
上司や先輩、すでに社会に出ている友人、憧れている社会人の方です。
普段は冗談を言い合える間柄や関係性でも、真面目な話は意外としていないもの。
毎年、この機会が「身近なヒトから聞く初めての真面目な話」になったります。


■3つの質問

「何を聞くか」については、授業で学ぶ項目について
どんな質問ができるかを事前にグループワーク等でシミュレーションしています。

関心が高い順に
・自分の機嫌は自分でとる(感情マネジメント)
・アンコンシャスバイアス(偏った決め付けや思い込み)
レジリエンス(回復力)
・コミュニケーションで大切なこと(コミュニケーションにおける価値観)
・・・
これらにとどまらず、
・学生と社会人の違いは?
・なぜこの仕事に就いたか?続けているか?

などのテーマから、各学生が3年後の自分に聴かせたい
質問を3つ選び、質問を用意してインタビューに臨むものです。

相手を想って3つの質問を組み立てる、
授業内容の思い出し、その意味を授業から飛び出してリアルな場で
活かす体験が彼らの未来につながっていきます。


■自立と自律

ある学生が1年前に就職したばかりのお兄さんにインタビューした
内容はとても具体的でした。学生と社会人の違いを聴いたところ、自立と自律
について丁寧に話してくれたそうです。
自立: 朝一人で起きて会社に行く
自律: 約束の時間までに会社に行き、役割を果たすための準備と必要な行動をする
自律した行動をとることが、今は楽しいとお兄さんが話してくれたそうです。

これまでに何度も「自立と自律」を他の大人から聞いたり教科書で読んだことは
あったけど、お兄さんの言葉が最も腹落ちした。これをきっかけに
お兄さんに対する見方が変わったという感想。
家族の存在にあらためて感謝できた、と発表してくれました。

自立と自律を知っただけでなく、家族への感謝も感じられる機会につながり、
互いに「働く」を語れる関係性ができたようです。

■未来の活動が不安なら、ちゃんと誰かに聞いていい 

この授業のねらいは、
感情知性を学び、自分と向き合い、社会で活かせる
EQ、コミュニケーションスキルを構築することです。
多くの学生が就職を含め、未来に不安をもっている中、
周囲を巻き込み、そこから自分なりの感じ方や考え方を発信していく体験を
授業として組み込んでいます。スマホ世代かつ情報過多時代を生きる学生は、
人に直接「訊く」に躊躇します。だからこそあえて、「聞く(聴く)」
ことから、自分の意見をまとめることを課題にしています。

毎年、170名ものインタビュー発表を聴くたびに、学生の質問に丁寧に向き合い
応じて下さる方々の存在に感謝するばかりです。
この世は捨てたもんじゃない、それどころか、勇気を出して行動を起こした
学生には聴く以上の成果や感動が起こっていることに気づかされます。

彼・彼女らは4月から2年生、短大なので2年生が最終学年かつ
就職や進学の要の時期です。「聞く」を体験した学生には、
自分の感情を知り、活かし、自分の夢やありたい姿に周囲を巻き込みながら
行動を起こすことを楽しんでいただきいたい、そう願っています。


「美道プロジェクト」と題したこの授業は「美しく生きる」を探究する
山野美容芸術短大独自の授業です。

私は、
1年生には「感情マネジメント」を、
2年生には「協働プロジェクト」をテーマに
3名のTA(Teaching Assistant)の先生方、特別講師として外部から
ご参加下さる講師の先生方と授業づくりをしています。

美道プロジェクト

www.yamano.ac.jp


今年も沢山の方に関わっていただく予定です!
皆様、どうぞ引き続きよろしくです!

↓写真は先日学校で撮ったものの一部。
普段はオンライン授業ですが
時々こうして対面授業を行っています
SNS掲載許可済です!)






女性活躍の意味

先日、とっても賑やかな週末を過ごしました!
某企業のDiversity&Inclusionプロジェクトとして女性リーダーの皆さんを
対象に EQxリーダーシッププログラムを3年に渡って企画&講師として
関わっていますが、直近のメンバーが鎌倉まで遊びにきてくださいました!
愛知県が本社のこちらの企業、参加メンバーのほぼ全員が新幹線にのって
鎌倉遠足の楽しい時間でした!

私のプログラムでは特に「管理職になる」や「昇格するために」と
いったことは一切触れません。約半年間に渡り、自分と、周囲と、
事業と徹底して向きあうプログラムを通し、自身に起こる変化を感じて
言語化し、発信していくものです。お酒の力もあってか、この半年間を
振り返り、心から笑って、しゃべって、未来を語る姿に、彼女たちの
未来創造を感じました!

なんと我が家で10時間!いやぁよく食べよく笑った!


世の中でいう、「女性活躍推進」施策の一つとなり、お陰様で
多くの企業で関わらせていただいています。どちらの会社も、
人事側の意向は「女性管理職数を上げる」や「昇格審査に合格させる」
ことと伺いますが、私はこれらを目的にプログラムを企画・実施した
ことは一度もありません。プログラムを通して伝え続けたのは
参加者の「視座を上げ、視野を広げ、視点を変える」ことです。

■みんなの視点が変わったニュース

先週、もう一つ嬉しいニュースがありました。


「ま・じ・よ」で進めた女性活躍
伊藤忠商事様は、約8年前頃から女性活躍推進プログラムを企画・登壇
させていただいておりました。HRカンファレンスでのレポートが
残っています→

jinjibu.jp

当時は、伊藤忠商事においても「女性」属性の管理職数や
リーダー登用はまだまだ少なく、だからこそ推進に力を入れていました。
「ま・じ・よ!」なんて、ちょっとふざけたこと言ってますが、
当時はこのような標語をもって、分かりやすく社内を巻き込み、
流れを作り、プログラムから発生したプロジェクトが後に社長賞を
受賞されたりしてました!まさに、よってたかっての施策推進でした。


■「女性活躍」に意味がありますか?

女性活躍に意味があるのか?
最近も良く聞かれる質問です。
私は性別関係なく、「人」の活躍推進に意味があると考えています。
その上で、企業としてそこで働く従業員の方々の
モグラフィー(属性)を分析し、「女性」という属性に
対してより施策強化する。経営視点で判断し戦略として
「女性」をターゲットとして必要なトレーニングを投資することも
経営施策の一つであると考えています。
そして中長期視点のもとで施策を継続することも大切です。
伊藤忠商事のプロジェクトも、毎回工夫を重ねながら
数年に渡り実施を重ねていましたから。

現在も数社でEQxリーダーシッププログラムを展開しています。
プログラムのキーコンセプト「視座を上げ、視野を広げ、視点を変える」
は性別は問わず、「参加者」が主語です。参加者がその変化を
発揮し自身のリーダーシップ行動を高めることが、結果的にチーム、組織
の変化につながります。参加者には、なぜ自分たちがその対象になり、
なぜこの機会があるのかも考えていただきながら進めています。

今年も、プログラム継続がすでに数社で決まっています。
今後さらに、互いの成長を語り合える仲間が増える事を
とても楽しみにしています。そして鎌倉遠足は組織を超えて、
企画も面白いかもしれませんね 





ビジネスには「オタ活」と「推し活」の両方が必要

ビジネスは、
「オタ活」と「推し活」で回っている。

多くの組織が目標設定をする時期に、あらためてそんなことを想っています。

そもそもオタ活とか推し活って?ということで
まず、辞書で引いてみました。

「ヲタ活」(オタ活)とは、
オタクの活動、すなわち、オタク的とされる趣味の分野における活動
を意味する言い方。ある事に過度に熱中し、詳しい知識をもっていること。
また、そのような人(例:アニメオタク)

「推し活」とは、
「推し(自分にとってイチオシのアイドルのメンバーやアニメのキャラクター)」
に情熱を注ぐ活動の総称。推しへの愛情に関連づけられるあらゆる活動が
「推し活」に該当しうる。 
Weblio国語辞典)
 

  


・・・

「○○がしたい!」「こんなビジネスで世界を変えたい!」
自分がやりたい、好きな、ありたい姿を描いて周囲に伝え、
ファンを増やしていくことがビジネスになります。
これ、完全なオタ活ですね。 

一方で、世の中は「○○したい!」という人ばかりではありません。
誰かの考えや理念に共感し、ファンになり、応援したいという原動力
で活動を進める人、それが好きな人もいます。
これ、完全な推し活ですよね。

■「やりたい事」がなくて苦しむ

私の講座の受講生の方で、「やりたい事がなくて苦しい」と
吐露してくださった組織リーダーの方がいらっしゃいました。
所属している会社は、人材マネジメントに非常に熱心な会社で、
社員全員が夢や目標を明確にして自律的なキャリアを目指すことを
奨励され、EQなどの研修も継続的に取り入れている会社です。

ですが、この方は自分発でなかなか夢や目標、「ありたい姿」が
言語化できず、自分はリーダーとして適格ではない、と
感じてしまっていました。

私が「誰かの”やりたい”を応援することはできますか?」と
質問すると、パッと顔をあげ、「はい、もちろんです!」と
応えてくださいました。会社の理念や目指す方向におおいに共感し、
応援したい。部下や同僚のやりたいことの実現には全力で支援したい
と常に動いています。「誰かの夢を全力で応援すること自体が
あなたの「やりたい事」なんじゃないですか?」と伝えると、
そのための方法や学びを加速的に進めていかれたのです。
現在彼は、周囲から信頼の厚い組織長を務められています。

世の中にはウィルハラなんて言葉もあるようですね↓
「あなたのウィル(夢)は?」と詰められて返答に困っても、
私は「○○の夢/ミッションを全力で応援活動し、それを達成することが夢」
と堂々と話せばよいのです。

 

 

■「オタ活」と「推し活」のいい塩梅

私自身、常に「目標をたてて達成する」組織文化の中で育てられ、
目標を言葉にすることに慣れた(慣らされた)人間の一人です。
でも、いつもいつも「目標」を立てなければならないことに、
心がついていかない時ががあったことも事実です。

目標を明確に立てて進めたい時(オタ活)は率先して
周囲を巻き込むリーダーシップを発揮し、
誰かの「ありたい」を全力で応援して一緒に達成したい時(推し活)の際は
サーバント/フォロー型のリーダーシップを発揮していいのです。

あなたの組織では目標をもって進めることだけを重視しすぎていないでしょうか?
目標を応援する人を応援する活動にもスポットを当て、いい塩梅をもつことも
組織の成功循環になるのでは、と思います。




 

ToBeリストで目標を達成する方法

新年度になり、手帳を新調した方も多いのではないでしょうか?
皆さんは手帳に何を書きますか? 


■手帳との付き合い方

学生の頃は、たいした予定がなくてもサンリオキャラクターのかわいい手帳を
ムリして使ってたりしましたが、手帳の必要性を感じたのは社会人になってからです。

当時私が在籍した会社では社員全員がフランクリンプランナーセミナーを受け、
社内の予定の立て方の共通言語をつくっていました。最初は”え、たかが手帳で
セミナーを受けるの?”(スミマセン💦)と思いましたが、実際参加すると
20歳台で参加したセミナーで最もよかったものの1つとなりました。
・仕事以外も含めて”人生の計画をたてる”という捉え方と、
・手帳に書いたことは頭から外してよい、コントロールできることに集中する
という考え方が、仕事が大好きで詰め込み過ぎる自分の伴走役になってくれたからです

システム手帳で理想の人生計画を立て、実現するフランクリン・プランナー|フランクリン・プランナー

セミナーに参加してからはや四半世紀、
現在は自分のチームのメンバーや外部とはGoogleCalendar も使いながら、
今も私は自分の人生のAgenda(計画)を書き込む手帳をベースにしています。

■予定か、アクションか、目的か? 

さて、手帳には何を書きますか?
予定か、アクションか、一緒に働く人の情報か、、、 実は「何を書くか」
について面白い論文がありますのでご紹介します。

「目標達成に影響する目標の記し方」
心理学者のMatthews, Gail氏が2007年に発表したものですが、
被験者を5つのグループに分けた実験結果です。
ざっくりと言えば、
 グループ1.目標をかかない
 グループ2.目標をかく
 グループ3.目標をかく+行動約束する(コミットメント)
 グループ4.目標をかく+同僚へ行動約束を伝える
 グループ5.目標をかく+同僚へ行動約束を伝える+同僚への経過報告 です

結果は分かりやすく、
目標に対する「巻き込み」が多い方が達成率は高いことが分かります。
彼らの論文に紹介されているのは、目標をかかないグループ1と
目標をかく(+他のまきこみ行動をした)グループ2~5の平均では
目標をかくグループが約 1.5倍の目標達成率があったことが分かります

つまり、手帳にはかぎらなくても、
達成したいことがあるならやる事だけでなく、
目標をかく+なにかしら巻き込む行動は非常に有効ということですね。

scholar.dominican.edu

 

■ToDoからToBeへ

To DoからTo Beへ というのは私がEQのプログラムでお伝えしている
「やること(ToDo/予定)」から「ありたい姿(目標や目的を描く)」
のフレーズで、どうやらこれは手帳の上でも同じようですね。

私が実際に手帳に書いているToBeリストを紹介します。
手帳には毎日のToDo(予定)の他に、
年単位→長期的な単位で ToBe(どうありたいか+感情)を書き出しています。

・目標・目的が達成した「ありたい姿」を詳細にイメージする
・その目標・目的が達成されたことを過去形にして書く
・しかもそれを会話形式で書く です

例えば、1年後に5キロダイエットして体重を減らす なら
「わぁ、随分とスリムになったねー、5キロか!それはがんばったね、
めちゃくちゃ嬉しそうだよ。どうして瘦せようと思ったの?何が大変だった??? 」
を手帳に書きます。
つまり、脳内イメージで周囲を巻き込んでいます。

え、気持ち悪いですか??? いや気持ちいいですよ。
けっこう効きますよ、お試しあれ。 





2024年は「一日一信」

2024年 
新年が明けて10日がたちました 
皆様 あけましておめでとうございます
今年は1日から震災、そして大きな事故と、心が揺さぶられることが
続いたお正月でした。北陸にいる知人と連絡が取れて安心しながらも、
被害にあわれた方々を想うと心が痛みます。1日の羽田の事故では、
航空業界にいる友人らから連絡をいただき、プロフェッショナルな行動
について議論をする機会をいただきました。
備えたり、防いだり、学んだりすることはできても、
震災も事故もゼロにすることはできません。
私たちにできることは何か?
私は、今こうして生かされていることを自覚し、
「ちゃんと生きる」ことだと思っています。
ちゃんと感じ、ちゃんと前をむき、ちゃんと向き合い、ちゃんと考え、
ちゃんと行動する、そんなことを考える機会をいただいた貴重なお正月休みでした 

今年は「一日一信」で進みます。
信じる、発信、信頼、確信、自信、毎日一つでも想い発信したり、
信念をもって進むことをすでに実践しはじめ、楽しんでいます。

皆様、今年もどうぞどうぞ よろしくお願いいたします!
 
★元旦の朝は大好きな逗子マリーナまでこの景色を捉えに行きました 
自然の美しさと怖さが共存する土地にいるからこそ、
尊さと共に覚悟も必要だと感じた元旦↓