日々是Is'+ (アイズプラス)

Is'+の視点による人事、キャリア、その他もろもろについての徒然 ver.1

サーベイにはいっぱい答えるけど、誰も僕の顔は見に来ない話

「やたらサーベイ(診断)して社員の動向つかみたいっていうんですけど、誰も僕の顔をリアルには見に来ないんですよ うちの会社」

f:id:isplus1:20190920085946j:plain



皆さんの声を聴きたくてという理由でやたらサーベイ(診断)する会社 

組織開発を支援しているクライアント企業で思わず出た一言です。
確かに、サーベイ多いです。
 360度評価
 組織風土診断
 理念浸透診断
 強みを見いだす調査・・・

しかも結構頻度高い。

最近では、年に1度の組織風土調査に変わり、
パルスサーベイという短時間で社員の感情や意識を
さらに頻度高く確認する調査も出てきています。
目的は組織風土の向上、マネジメント力や上司ー部下間の
面談の量/質の向上、そして会社に対するエンゲージメント
(社員ー会社の良好な関係度合い)のためとされています。
毎日数分程度、質問項目が送られてきてこれに応えて
データが蓄積され、エンゲージメントや組織風土向け
のデータになるのです。

この会社でも、ほぼ毎月何かしらの「サーベイ
が実施されています。

気にしているのはわかるけど、だれも直接「顔」は見に来ない

この会社の方が漏らした言葉が
「マネジメント層が組織を”良くしよう!”と
お金かけて時間かけてサーベイして、人事の人も
一所懸命にデータおっかけてるのはわかるんですけどね、、、

気にかけてる割に、誰も僕らの顔を直接見にはこないですよね」

この会社では、
マネージャー層に対しEQxコーチングのプログラムを
実施しています。
マネージャー層の皆さんの組織診断をしたところ、
データから言えるのは
「関わりの少なさ」でした。
このデータから見えることをお伝えし、
日々の関わりを振り返っていただいた時に
お伝えしたのが、一般職層の方から聞いた上記の一言でした。

お伝えした際のマネージャーの皆さんの
表情の変化が忘れられません。
皆さんが一斉に、ご自身のチームメンバーのことを
思い出したような表情でした。

データは何のためにあるのか?を考える 

多くの企業が数々のデータをとるのは、
組織内の「関係性の向上」にいかすためです。
であるにも関わらず、多くの企業では
データ収集のためのデータ取り、
役員プレゼンのためのデータ取りになってしまう、
中には、
データを収集するだけして結果をフォードバック
していない組織もあります、、、これは残念。

関係性を向上させることが目的であれば、
このようにデータをとることも有用ですが、
何より有用なのは
直接相手と対応することによって得る情報です。
 表情の変化、
 声のトーン、
 選ぶ言葉の傾向 など、、、

これらの「自分で得る情報」をすっとばして
データだけに頼ることが、よい結果に結びつくとは思えません。

データは万能ではなく、妄信するものではありません。
また、データでは測れないものが存在し、
データでは変化が負えないという
人の心身や感情の変化があります。

これは、EQの検査でも同じことが言え、
データはあくまで目安であり、開発のために活かすもの
という原則を忘れてはいけないのです。

デジタル化、データ化、と日々データを見ないことは
ありません。これは弊社も私自身も同じです。

データはいったいなんのためにとるのか、
データをいかす当事者を置き去りにしていないか、
データのためのデータになっていないか、
データを扱う私たちだからこそ問いたいと
あらためて知らせていただいた一言でした。 



・・・・・・
こんなことを想いながら、
今年も「聴きたい人に話を聴こう」を企画しました。

世の中の「ステキ」を創りだす人は
どんな風にその「ステキ作り」をしているのか、
どんな風にその「ステキ継続」をしているのか、
これをとっても聴きたくて。

子育てでも、家族関係でも、そして
大切なお客様やチームに対しても、
大好きな製品についても、
「ステキ」な関係作りにはまず「観察」が必要。
こんなお話を数年前にノバさんからうかがい、
ずっと記憶に残っていたのです。そして、
お話をうかがう機会を創りました!

9/28 ステキヲツクル
登壇いただく、野林さんことノバさんは
リクルートのゼクシィや、
ローソンのリラックマプロモーションなど
かずかずの「ステキ」を創り出し、
『とことん観察マーケティング』を著された
ステキプロデューサーです。

今回は 
ステキヲツクル  (9/28)
ステキヲイカス(10/26)
の2回コース、
まずは第一回目のこの機会に、ぜひ皆さんお運びください♪
会場でお待ちしております♪ 

 
・・・・・

アイズプラスからのご案内など

■ 9/28@鎌倉由比ガ浜
ステキヲツクル2019 【野林徳行+池照佳代(モデレーター)】第一回目@鎌倉 | Peatix


      今年もやりますアイズプラス池照が企画する
  「聴きたい人に聴いちゃおう」企画です。
  リクルートのゼクシィやローソンのミッフィー
  リラックマなどの企画を手掛けた世界のステキを作る
  ステキプロデューサーであり、マーケティングの神様、
  のばさんこと野林徳行氏による2回連続セッションです。
  お申込みは上記リンクのPeatixサイトから! 
  ぜひ、お越し下さい♪ 

■ 池照が理事を務めるIC(インディペンデントコントラクター
  協会のセミナー(10/22)です。今回は池照の企画です。
  独立してICやフリーランスとして働くにあたり、誰もが
  経験する大小の法的トラブル。今回は今春よりIC協会の担当
  弁護士をプロボノとして担当下さっている大橋先生にご登壇
  いただきます。
  IC協会員は無料、会員外の方も有料でご参加可能です。
  

【10月22日東京開催】ICが気を付けたい法律トラブルとその対応 | 特定非営利活動法人インディペンデント・コントラクター協会

 

■ 日経ビジネススクール 満員御礼!
  10/25開催予定分はすでに満席のお申込みとなっております。
  次回は
  来年1/31 です⇒
女性リーダーのための「周囲を巻き込む」コミュニケーションスキル:ビジネス講座は 日経ビジネススクール


  周囲を効果的に巻き込み、成果につなげるための
  EQ(感情知性)のいかしかたを学びます。
  事前にEQI(行動特性検査)をご受検いただき、
  当日はご自身の行動傾向が把握できるようになっています。
  様々な立場で活躍する女性リーダーとのネットワーキング
  も好評です。
  8/8実施の同セミナーについて、
  アイズプラスのコーディネーター、
  そしてEQプロファイラーでもある福島のレポートです
  ⇒ 日経セミナー0808_レポート.pdf - Google ドライブ

 
■ EQ関連のインタビュー記事
  【EQ仲間に聴きに行こう! ランスタッド株式会社編】
  EQ(感情知性)プログラムを全管理職に導入した
  ランスタッド株式会社では、社員のみならず事務局の
  篠原さんにも大きな変化がありました! 
  池照によるEQ仲間へのインタビュー 第二弾です!