日々是Is'+ (アイズプラス)

Is'+の視点による人事、キャリア、その他もろもろについての徒然 ver.1

あなた自身のWell-beingから始めよう!

3/18開催予定!
【女性リーダーのための周囲を巻き込むコミュニケーションスキル】

女性リーダーのための「周囲を巻き込む」コミュニケーションスキル:ビジネス講座は 日経ビジネススクール


日経ビジネススクールでこの講座を担当してから今年は7年目を迎え、
述べ参加人数が500名を超えました。
日経スクールでもこれだけ長期間に多くの人数にご参加いただく
講座は珍しいとのことで、とっても光栄に感じています。

この講座は、講座前にEQI(EQをベースとした行動特性検査)を
ご受検いただき、当日は自己理解をしながら
”周囲を巻き込むコミュニケーションスキル”を学び、
それぞれの現場で力を発揮するためのアクションを考えていくものです。
企業のリーダー職、最近は取締役や代表の方、
団体、行政、NPOなどの組織のリーダー、そして
最近毎回いらっしゃる層としては、医師や裁判官、企業経営者
という女性が集まります。お陰様で毎回ほぼ満席でお申し込みを
いただく講座になっています。職種や役割は様々ですが、皆さん
メンバーや周囲を巻き込み、チームで成果を出すことを目指すという
共通の目的があります。

■なぜ今時女性?

何故今時女性だけをターゲットにしているのか?
本当によく聞かれる質問です。
講座内容に関しては、女性だから/男性だからという内容の違いは
ほぼありません。「女性だけ」が活きるのは、ワーク(演習)の
時間です。まだまだ多くの組織で女性リーダーがマイノリティである中、
何を障害と感じ、どのように心構えを作って対応しているかなどを
共有していただきます。「女性ならでは」という言葉はあまり好きでは
ありませんが、まだまだ「女性同士だからこそ」話せることが多いのも
事実です。特に、この講座には、・社内に女性リーダーは自分一人だけ、
・女性で初めての役職者候補になっている 方も多く、社内では
なかなかこれらの苦労や課題が吐露できません。 

学び内容は男女で違うことはほぼないものの、
女性同士だからこそ、日本の文化的なバイアスの中で仕事をする上での
苦労や課題を話しながら解決に向けて進めることに一定のニーズがあるのです。

それでも、時代はどんどん変化しています。
対象者を誰にするか、毎回日経のメンバーとも議論をして進めています。

■もっと自分を大切にする 

のべ500名の参加者を対象に、この500名をまとめてEQ組織診断を
してみました。結果は以下のような形に。

f:id:isplus1:20220303170233p:plain


これは、何を表しているでしょうか?
検査の結果を忠実に読むと、
・自分の感情状態や心の動きをしっかり把握し、
 自分のこれまでの実績や能力に自信をもち、
 主体的に自分の仕事を進める力が高い
 パワーあふれるリーダー像です。 
・一方、過去の失敗にくよくよしてしまい、
 想定外のことにはイライラを募らせ、
 不安や恐れから思うように自分の力を発揮できない
 ことがあったりする、、、
    そんな傾向も見られます。

この500名の診断から、私は現在日本がジェンダーギャップ指数において
先進国内でずっと最低レベル(順位は156か国中120位⇒前回は153か国中121位)
な理由に仮説をたてています。
講座の中では、この仮説について触れて解説しています。

「共同参画」2021年5月号 | 内閣府男女共同参画局


ご参加される方々へのメッセージの一つは、
あなた自身のWell-being と 違いを力にしよう!
そために、
なぜEQが必要か(Why)、そのための
考え方(What)ややり方(How)を一緒に気づき学ぶセミナーです。

今年も数回の講座開催を予定していますが、
直近は3月18日(申し込み締め切りは 3月8日)です。
ご興味のある方は、ぜひお申し込みをお待ちしております!

EQによって知る自己理解だけでなく、
多様な組織の女性リーダーとのネットワークは、一生ものです。 

詳細&お申込み⇒


このコースのご紹介動画です(リアル開催時のものです)⇒

www.youtube.com

 


周囲と信頼つくるEQとIQ
周囲を巻き込むEQとIQ
周囲と成果をつくるEQとIQ
について、考えていきましょう。

f:id:isplus1:20191201192110j:plain

【アイズプラスからのお知らせ】

・『感情マネジメント』のご紹介ページができました

is-plus

・心豊かに働くをデザインする 株式会社アイズプラス 

is-plus.jp

・日本初の感情マネジメント総合メディア 【EQ+LAB.】